不定期更新 VS 毎日更新

高島です。

僕は9年前から情報発信をしてきましたが
超が付くほどの不定期更新でした。


理由は
「毎日更新なんてできるわけない。」

と思っていたからです。



実際の僕が記事を更新した時に
カレンダーに丸を付けたものを見てみて下さい。


2018年カレンダーの画像
ひどい不定期更新ですね(笑)

なんとなくネタを思いついた時や
アフィリエイトをする時に記事を更新していた程度です。



逆に言えばこれぐらい更新しなくても過去の記事の蓄えがあれば
収入は入り続けるのが情報発信の良いところです。

とはいえ、やはりアクセスは下がっていき
報酬も下がっていきます。



そして2019年のカレンダー画像です。
5月 → 0記事
6月 → 1記事
7月 → 2記事


情報発信者としてはありえないぐらいの不定期更新ですが
この時は「フルマーケティング・セールスページ」の準備をしていました。


なのでリリースに合わせて
8月の途中から突然毎日更新をはじめて

8月 → 20記事になりました。


そうすると途中で筆が乗ってくる感覚がわかったんですね。

つまり、いつもよりもスラスラ記事が書けるようになって
記事完成スピードが早くなりました。


以前、毎日更新ができていた時も
筆が乗ってきたのを感じていたのですが
やはり更新を途切れさせると、とたんに書けなくなっていきます。

そうするとまた不定期更新に戻るわけです。



情報発信をするなら毎日更新は基本になります。

でも情報発信で稼いでいる人全員が
毎日更新をしているというわけではありません。

なので

「不定期更新派」「毎日更新派」に分かれるわけです。


僕はだらしないので自分のことを
「不定期更派」と思っていました。


でも先月から毎日更新をやっていくと
記事を書くのが楽しくなってスピードも早くなって

「この感覚を衰えさせたくない!」

という気持ちになりました。



情報発信で僕よりも圧倒的に稼いでいる人でも
毎日更新をやっている人がいます。

おそらく彼らはがんばって更新しているのではなく
もう「ゾーン」に入っているのだと思います。

毎日の習慣で、やらないと気持ち悪いみたいな感じです。


僕も最近はその感じになってきて
毎日更新を辞めたくなくなりました。


おかげさまでアクセス数も多くなり
メールマガジンの新規の読者さんも増えてきました。




これから情報発信をやろうと思っている方は
ぜひ毎日更新に挑戦してみて下さい。

ある時からスラスラ書けるようになると思います。


「それは高島さんが昔から記事を書いていたからではないですか?」


と思われるかもしれませんし、実際それもあると思います。

でも寿司だって見習いでも毎日握っていたほうが
1貫握るスピードが早くなってキレイな形になると思います。

少なくとも不定期で握るよりはそうなりますよね。


さぁ、僕と一緒に頑張りましょう^^



●まとめ
・情報発信は「不定期更新派」と「毎日更新派」に分かれる
・基本は「毎日更新」がオススメ
・毎日書くとだんだん書けるようになる
・でも途中で辞めてしまうとまた書けなくなってしまう
・記事更新を日課にしてしまうとラク





最後まで見ていただきありがとうございます!
応援クリックをポチッといただけると凄く嬉しいです
^^





19,800円だったアフィリエイト音声教材を
期間限定で0円にしています!
詳しくはこちら


情報発信に関する話をする
LINEオープンチャットをはじめました。




●追伸
実は今風邪をひいています^^;
38.3度なので、腰などの関節の痛みと
全身のだるさで、今日はずっと寝ていました。

もし僕が会社に勤務していて
無理をして出社していたと思ったら
かなりキツイです。

逆に休めば誰かに迷惑がかかります。

こういう時にどこにも連絡せずにずっと自宅で寝ていられるのは
インターネットビジネスの強みですね。

明日には治したいと思います。


●追伸2
僕が使っていたカレンダーはここから無料でダウンロードできます。

更新した日が目で確認できるのはモチベーションが上がるので
おすすめです^^

・ちびむすカレンダー





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

なぜアルバイト経験しか無かった30代ダメ男の僕が自宅でインターネットだけを使って大金を稼ぐことができたのか具体的に解説