一生稼げない人の特徴

高島です。


実は僕はビリヤードが好きで
週一ぐらいのペースでビリヤード場に通っています。


ビリヤードってやったことがある人は多いですが
めちゃくちゃうまい人ってあまりいなくないですか?


僕の友人で凄く上手な人がいて
彼の影響で自分もビリヤードがうまくなりたいと思ったのです。




ビリヤードって今は流行ってはないですが
武井壮さん、GACKTさん、ダウンタウンの松本さんとかが上手で
カッコいいですね。


トム・クルーズ主演のビリヤード映画「ハスラー2」
古い映画ですが、今見ても超カッコ良いです♪



ということで僕も週一回、マイキューを持って一人でビリヤード場に行き
コツコツと練習しているのですが
少しずつ上達しているのがわかって凄く楽しいです^^




昨日も一人でビリヤードをしていたのですが
ある男性が

「ちょっとビリヤード練習してくる。」

と友人に言って僕の隣の台で一人で練習を始めたのです。



ちなみにこういう地味な練習に励む人って僕はとっても好きです。

友人とプレイしたほうが絶対楽しいはずなのに
あえて一人で練習。

いいですねーストイックで!


気になったのでたまに見ていたのですが
ビックリしてしまいました。


両足を上品に揃えて突いていたのです…。
(ビリヤードはそういうスタンスでは突きません)


また、玉を突いた後は「フォロースルー」といって
玉を突き終わってもそのままキューを突き出したまま静止するのですが
彼は付いた直後に体を起こしていました。
(ちなみにゴルフもテニスも「フォロースルー」があります)



「いやいや高島さん、遊びのビリヤードでそこまでやってる人はいないんじゃないの?」

そう思われるかもしれません。
たしかにその通りです。


ビリヤードなんてカップルで「キャー!」とか言いながら
適当にやる人が多いと思います。


でもここは漫画喫茶に置いてあるようなビリヤードではなく
真面目なビリヤード場なんですよね。

ガチなわけです。


なのでここに来る人は上手な人が多いんですよね。


僕もまだまだ初心者なので偉そうなこと言えないのですが
基本を知らずにあのまま100回練習したとしても
上達は遅いし、変なクセがついてしまって大変です。


ちょっとその場でスマホで
「ビリヤード 基本」と調べれば済むことです。


自己流にこだわると上達が遅くなります。

これはダイエットでも料理でも同じです。
始めは型を覚えて、ある程度できるようになってから自己流を取り入れるのが理想です。
(守破離のことです)


彼はその一瞬で終わる知識のインストールを後回しにしたおかげで
その日の練習が無駄になっています。




「努力は報われる」
と言いますが、違います。

「正しい努力は報われる」
です。



これから情報発信やアフィリエイトを始める方は
何もやらないより、行動できる人は素晴らしいのですが
できればライティングを少し勉強してからのほうが
すぐに稼げるようになります。


ブログというのは適当に書いているように見えますが
一歩間違えると日記になってしまいます。

・話の順番
・改行の使い方
・太文字
・画像の使い方
・タイトルの付け方
・ネタ選び


いろんな要素がありますが、わかりやすく簡潔に
時には大きく削ったりする必要があります。


途中で挫折しない為にも
最初だけは少しだけ勉強をすると良いと思います。

教えてくれる人がいるなら聞いたりしたほうが良いですね。


昨日の記事でもカー用品店のメールのセールスについて突っ込みましたが
ああいうメールを送りまくって

「全然お客さんこないなー。やっぱメールで集客できるってウソじゃん。」

ってなってしまっては元も子もありません。



ちょっとだけ勉強をしてからスタートを切ると
無駄な遠回りをせずに、より短期間で稼げるようになります。



●まとめ
・自己流は遠回り
・少しだけでも勉強してから取り掛かるのが近道
・正しい努力は報われる
・間違った努力は挫折に繋がるト







応援クリックをポチッといただけると凄く嬉しいです
^^





19,800円だったアフィリエイト音声教材を今だけ0円にしています!
今スグお受取り下さい。

今スグ0円で受け取る


アフィリエイトの質問ができる
LINEオープンチャットをはじめました。

あなたの参加をお待ちしております。




●追伸
久しぶりに動画を作りました。

身近にある例を使って
「こうやれば商品が売れる!」
という事を4分で短く解説しています。

カンタンに言えばお客様の視点に立つということですが
販売者側に立つとわからなくなるものですよね。

もちろんこの方法は情報発信にも使えますよ^^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

なぜアルバイト経験しか無かった30代ダメ男の僕が自宅でインターネットだけを使って大金を稼ぐことができたのか具体的に解説