[動画]久しぶりの海外。上海のオススメスポットはココだ!!

こんにちは高島です。

前回のブログで上海に行った事を少し書きました。

 

僕の読者さんはネットビジネスのお話を
期待している方が多いはずなのですが

 

「上海の動画は無いんですか?」

 

というお声をいただきましたし
以前にメルマガの読者さんだけに昔の苦労話をお伝えし
アンケートをとらせていただくと

 

「ノウハウばかりでは人間味がないと思いますので
たまにはこういう話もたまには面白いです。」


 

などと言われた事がありましたので
少し恥ずかしいですが公開いたします。

 



 

 

今日の動画が少しでも面白いと感じていただけたなら
応援クリックをお願い致します(^^)


人気ブログランキングへ

 

●YouTubeチャンネル登録はこちら
(たくさんの方に登録していただいております)

 

●ツイッター(細かい最新情報配信しています)

 

 

【今日の一言】
僕の読者さんには動画撮影(編集)に興味がある方も結構おられますので
今回の動画を作った機材を紹介しておきます。

カメラは全て「GoPro4(シルバーエディション)」で撮影して
編集は「FCPX(ファイナルカットプロテン)」で編集いたしました。

編集作業のほとんどは「不要な部分のカット」になります。

例えば
・手ブレがひどい
・逆光で見づらい
・肉眼で見ると迫力があるが
ビデオになると迫力が無くなくなった(よくある)

 

などです。

 

今回の動画も元々は全部で1時間46分あった素材を
36分まで縮めました。
(公開用の動画ではなく、プライベート用に編集したやつです)

 

といいましても、初めから倍速にするつもりで
撮影した素材もありますのでそれぐらいの長さになったりします。

例:飛行機の離陸のシーン等

 

 

そしてカット編集が終わって素材の長さが短くなったら
次は「色の加工」です。

動画は基本的に色の加工をして完成します。

通常の撮影でも、明るさとコントラストを上げるだけで
見た目がかなり良くなりますが
夜景のシーンでは露出を抑えないと
ホワイトノイズ(小さな白いポツポツ)
が出てしまうので、夜景のシーンだけ明るさを下げます。

 

他にも音がうるさすぎる箇所を下げます。

例:ディーゼル車のアイドリング音等

 

 

また、カメラマンが喋った声の大きさと
カメラの前にいる人の声の音量は
全然違う(カメラマンの方が大きくなる)ので、それも調節します。

最後に必要な部分にテロップ、効果音、BGM
エフェクトを付けたして終了です。

エフェクトは必要な箇所のみにとどめます。
(初心者の方はエフェクトだらけになる傾向があります)

あっ 長くなりそうなので、このへんで終わりますね^^;

 

 

●追伸
旅行で使ったカメラは「GoPro4(シルバーエディション)」ですが
普段のビジネス系の撮影にはNEX-5R(ミラーレス一眼カメラ)というカメラで撮影しています。

 

 

 

 



●高島のメールマガジン(プレゼント動画付き)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

どの職場でも上司との相性が悪かった事がきっかけで インターネットを使ってほそぼそと起業。 コツコツやっていった結果インターネットだけで 月収100万円を超える事ができました。 その方法をわかりやすく解説しています。