送料をわかりやすくして落札額アップ

こんにちは高島です。

ヤフオクで出品する時、送料はどのように書いていますか?

 

一番良くないのは「送料がわからない」ケースです。
商品説明文のどこにも送料の事が書いていない人はよくいます。

また、送料は書いてありますが
「60サイズですので、送料は以下の表を見て下さい。」

という方もいます。

 

一応送料はその表(またはリンク先)を見ればわかるのですが
60サイズと書いてあるにもかかわらず
全サイズと全エリアの値段が書いてある表を貼り付けています。
$ヤフオクで毎月27万円稼ぐ高島のアメブロ-送料一覧.JPG
またはこんな感じ↓
ヤフオクで毎月27万円稼ぐ高島のアメブロ-送料一覧2.JPG
「えっと~、サイズが60で、発送元はどこだっけ?」
となってしまいます。

少し面倒ですね^^;

人はわかりやすい物が好きです。
逆にわかりにくいものにはあまり近づきません。

こういうのを「不確実性回避の法則」といいます。
人は「?」と思うものを無意識に回避してしまうものです。

では送料を相手に伝えるときに、どのような文が一番良いのでしょうか?
私が知る限り、以下の文が一番シンプルでわかりやすいと思います。

———————————————-
●送料
600円・・・関東 信越 北陸 東海 近畿
700円・・・東北 中国 四国
800円・・・九州
1,000円・・北海道
1,200円・・沖縄
———————————————-

文字数が少ないですし、送料がすぐわかります。

そうなるとウオッチリストにも入れてもらいやすいのです。

ウオッチリストが多ければ落札価格も上がりやすいので
送料をわかりやすく表示して、落札額アップにつなげましょう。

 

さらに上級テクニックの
「送料一律にして落札額アップ」の記事はこちら

 
・今日の記事が少しでも役にたった場合は、
応援クリックしていただけると大変嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

どの職場でも上司との相性が悪かった事がきっかけで インターネットを使ってほそぼそと起業。 コツコツやっていった結果インターネットだけで 月収100万円を超える事ができました。 その方法をわかりやすく解説しています。