月収100万円になった直後の同窓会でやらかした\(^o^)/

高島です。




僕がアフィリエイトで月収100万円を初めて超えて

「うぉー\(^o^)/」

ってなったのは3年ぐらい前です。
(2017年現在)

なるべく調子に乗らないようにしていましたが
お酒が入った時に親友に

「実は先月、月収100万円を超えてさぁ(^^)」

なんて言って鼻を高くしていたんです。



とはいっても翌日シラフになったときには

「なんで言ってしまったんだ…」

と後悔しておりましたが、友人はいつもどおりに接してくれました。



以前、調子に乗って6人ぐらいで居酒屋に行って
全員分をおごるという、ワケのわからないことをしていた事が有りましたし…。


「え!?いいの?かっこいいー!」


という声に酔っていたのですが、頭のどこかでは

「返報性の法則で、いつか別の形で返ってくるだろう。」

なんて思っていました。
(返報性の法則:親切にしてもらった人に「お返しをしなければ」と思う心理)


まぁ今思えばとくにお返しはありませんでしたが^^;



さて、ここで同窓会の話につながるのですが。


僕は高校を卒業してから今まで一度も就職をしていません。
正社員ではなく、ずっとアルバイトを転々としていました。


しかし同級生達はしっかり就職。

当然のようにみんなボーナスをもらっていて良い車に乗っているのに
僕は中古の軽四…。





僕も何社か面接を受けたのですが、どこも不合格だったのです。
わりとシフトが自由なバイトや派遣の方が気ラクだったので
好んでいたというのもあります。
(責任も少ないし)

おかげで30回以上転職(バイト)を繰り返しました…



というのもあって、どこか同級生には劣等感を感じていました。



心のどこかで
「いつか金持ちになってあいつらを見返してやる!!」

というのがあり、月収100万円超えを達成した月に
プール付きのオートロックマンションに引っ越し。


Facebookに

「マンションに引っ越したら屋上にプールが付いていた♪」

という投稿とともにプールで楽しそうにプカプカ浮いている
自分の写真を投稿しました。



この時の「いいね数」は僕のFacebook史上最高の数字になって

「お金持ちになったの?」

などのコメントをたくさんもらって気を良くしていました。
(現在はFacebookアカウントは削除しました)


そして同窓会当日です。


会場につくなりみんな僕に

「家にプールあるんでしょ!?」

「プールの高島!」


などと呼ばれるようになり、いつもよりもプレミアムな扱いを受けていました。



「そうでもないよ^^」

とはぐらかしていましたが…。


その時に誰かが小学校の卒業アルバムを会場に持ってきていて
「将来の夢」という項目を見ながら、それをネタにみんなで飲んでいたのです。



楽しいひとときです。


そして場所を移って次は2軒目。


2軒目から参加する人も何人かいて
その中には僕の友人Yもいました。

その友人はイタリアンレストランをやっていて
繁盛しています。

まさに「夢を叶えた」と言ってもいいでしょう。


みんなで「凄いねー」なんて言っていたのですが
僕はその時に失言をしてしまいました。

そのテーブルには8人ぐらいいたと思いますが
僕はこう言ってしまったのです…。



「みんなサラリーマンやってたり工場で働いていたりしてるけど
卒業アルバムにはそんな事書いてなかったじゃん。夢を叶えようとか思わないの?」


さらに

「Yはこうやってやりたかったレストランをオープンさせることができて夢を叶えているんだよ?」


クソうざい説教野郎ですね僕は(笑)
ちょっと自分がうまくいった瞬間に上から目線です。

ヨイショされたYは悪い気はしていないとは思いますが
この時にそのグループの空気が一瞬固まり
友人の1人が僕の失言をさらに加速させることをいいました。

「そりゃ~高島はうまくいったかもしれないけどさぁ…」


その言葉にはすぐに反論し、誰にでもやろうと思えばできる事を伝えました。

だって怠け者でバイトしかしてなかった(しかも遅刻ばっかりの)僕ができたのだし
周りの同級生は僕よりも優秀でしたから…。

僕は前から同級生たちに感じていた
劣等感を覆すこの瞬間を待っていたのかもしれません。


今振り返ってみると小さな男です。

劣等感は覆しましたが

「高島って稼いだら性格悪くなったな…」

と影で言われていたかもしれません。
心無いことを言った事を今でも後悔しています。


これを見ているアナタは向上心があると思いますので

「それぐらいの喝の入れ方の方が良いのでは?(お酒の席だし)」

と思っていただけるかもしれませんが
現状に満足している人にとってはかなりウザいでしょう。



ちなみに今はこの事を反省して
同級生や友人に

「最近仕事どうなの?」

って聞かれても

「普通だよ。」

としか答えていません。



あの時は本当に調子こいていました。
当時買った物で全然使わないまま放置してある物もいくつかあります。

グレードに迷ったら常に最高の物にしていましたし
無駄な買い物をよくしていました。


自分としては無駄な買い物という意識はないのですが
とにかく買い物をする時に悪い意味で迷わないのです。


もう少し考えれば「必要がない」と気付いていたのに

「欲しい!」→スグ買う

という感じになっていました。



あと当時は
「サイフに現金がたくさんあるとパワーを感じる!」

なんて、どこかの本に書いてあるような事をやって
不要に現金を持ち歩いていましたが、今は辞めました。


サイフに現金が多く入っていると気が大きくなって、無駄な買い物を誘発します。
そして、サイフが一瞬でも無くなると

「ちょっと待って!!サイフどこ行った!?!?」

かなり焦ります。



今ではそこそこの家賃の家に住んではいますが
それ以外は決して贅沢はしていません。


教材に投資したりしてさらに毎日インターネットビジネスの勉強しています。


最近は筋トレダイエットにハマっているので
そのあたりに関してはポンと一式揃えました。

ジムに行くのに比べればかなりコストパフォーマンスは良いです。
(もちろん続いています)



あとはそこそこの値段のダイニングテーブルセットを買ったぐらいですね。
(コレの調子が良いせいで映画ダラダラ見てしまうのですが…)


ということで、昔は
「稼げるようになっても絶対に調子に乗らないぞ!」

と思っていた僕が、ついつい調子に乗ってしまったエピソードでした。


あなたも気をつけて下さい。

特に稼げるようになるまで時間がかかった人ほど
成功した時の気持ちの爆発は大きくなりがちです。


それでは。


この記事が少しでも面白かったら
クリックしてくれると嬉しいです^^





●追伸
今回の記事で書いたように
僕はインターネットを使って毎月80万円~130万円の収入を得ています。
以前19,800円でこの手法をまとめたものを販売していたのですが
今だけ無料でプレゼントしています。

こちらから受け取ることができるので、見てみて下さい。


今すぐプレゼントを受け取る







●追伸2
「0から月収100万円になるまでの7つのステップ」
という非常に好評をいただいている動画も
無料プレゼントしております。

詳細はこちら

プレゼントの詳細













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

なぜアルバイト経験しか無かった30代ダメ男の僕が自宅でインターネットだけを使って大金を稼ぐことができたのか具体的に解説