この3つのどれかに当てはまる人は情報発信で稼げます。

高島です。


情報発信で稼ぐには
以下の3つのパターンのうち1つに当てはまっている必要があります。

1:何かの分野で少しでも実績があること
2:何かの分野で他の人よりも知識があること
3:これからなにかの分野を学ぼうと思っていること





せどりや転売、株、FXなどの稼ぐ系はもちろん
TOEICのスコアやダイエットなどの運動に関する資格などの実績があり
その実績を元に情報発信をする



TOEICの実績はないけど、他の人よりも英語の知識がある
ダイエットの知識がある、モテるための知識があるなど
釣りでもテニスでも料理など、どんな趣味でも良いので
何かの分野で他の人よりも知識があってそれを発信する



これからなにかの分野を学ぼうとしていて
それを発信する


この3つのやり方があります。



一番稼ぎやすい順番は
1>2>3

という順番になります。



では僕が情報発信で稼いだやり方はどれかというと
初めは「3」
実績はないけど、これから学ぼうとしている人
でスタートして、知識がついてきた時に自然に「2」の人になりました。



僕は転売の情報発信をしていましたが
「月収◯◯万円!」
「月商◯◯万円!」


というような実績を掲げた事は一度もありません。

しいていうなら
・仕入れた時の長いレシート
・仕入れた商品の画像
・検索ツールのキャプチャ画像


これぐらいです。


実績を出さなかったのは
僕よりも転売で稼いでいる人は腐るほどいたので
実績を出すのが恥ずかしかったのです。

ただ「凄い人」に見せようとは努力していました。



という事で「1」の人ではありませんでした。


「初めはFBAってなんだ?」

って思って、いろいろネットで調べましたが
頭の悪い僕にはあまり理解できずに

「もっとわかりやすく書いてくれよ~^^;」

って思っていました。


※FBAとは
アマゾンの倉庫にあらかじめ商品を送っておくことで
実際に商品が売れた時にアマゾンが発送を代行してくれるサービス。
大量の在庫がある人が利用すると便利なサービスです。



僕は天才じゃなかったがゆえに
わかりやすく書くことができました。

小難しい文章が読みづらいという人の気持ちがわかったのです。

そしてFBAについて実際にやってみて
理解できた時に


「FBAってこんな感じですよ~^^」

という記事を書いたら凄くアクセスを呼ぶことができました。


元々FBAについて詳しく知っていたわけではありません。
記事を書く数日前に知ったのです。

それを以前の自分に教えるかのように
記事にしてまとめました。

まだFBAの事をしらない読者さんの
「ちょっと先行く先輩」です。



なので「3」という
あまり稼げなさそうなポジションからスタートしたのに

学ぶ

実践する

記事に書く



これを繰り返していました。
これでも情報発信で月に100万円ぐらいなら稼ぐことができます。



もちろんガツンとした実績があるに越したことはありませんが
今あなたがどの分野でも

「人に教えられる程の知識がなーい!」

という状態でも、これから学びながら実践をして
「ちょっと先行く先輩」として、それを記事にして
自分が使っている商品をアフィリエイトすれば
情報発信では稼げてしまいます。

それこそ月収30万円ぐらいでしたら
数ヶ月で実現できてしまいます。



あなたは自分の好きなことに没頭することで
稼ぐことができるのです。




実際にアフィリエイトする商品は
アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)という

商品とアフィリエイターを仲介する会社が何社かあるのですが
次回は各社どんな物を取り扱っているのかを
紹介していきたいと思います。


それでは!




今日の記事が面白かったら
ぜひこちらに1クリックをお願いします。





僕がどんな事を月収100万円になったのかまとめた物を動画にまとめました。

19,800円として販売していましたが
今だけ無料でプレゼントしています。

今すぐに下のリンクから受け取って下さい。

インターネットビジネスで僕が月100万円稼げるようになった方法





●追伸
昨日友人のリクエストでキャバクラに行ってきました。

僕はこういう所が苦手で
今までに1回しか行ったことがありません。
(スナックですら2回ぐらいしか行ったことがないです)


なぜなら、ついてくれる女性に気を使ってしまうからです。


彼女たちもそれが仕事なので
僕は気にせずにおしゃべりをしてお酒を飲んでいればよいのですが
本能的にそれができないんですね。

友人にはそれを伝えましたが

「そんな事気にせずに楽しめば良いよ^^」

と言われたので、楽しむことに。


そして僕の隣についてくれた女性は21歳で
凄くキレイな人でしたが
なんと今日が初勤務だったみたいです…。

名刺も[辞めていった先輩の余っていた名刺]の中から
一番まともな名前を選んだそうです。

それを聞いて、やっぱり気を使ってしまって
全然楽しめませんでした。

そもそも話が合わないですし
こちらが合わせようとするのはエネルギーがいります。

しかも、そこまでして仲良くなった先にゴールもありません。

キャバクラ慣れしている人は
そんな事は気にしないでしょう。

過去の武勇伝でも自慢話でもして女性が
「すごーい!」と言ってくれれば楽しいのでしょうが
そういうのは僕的にはクールでは無いと思っています。


これは完全のお金持ちの娯楽ですね。


でも周りを見渡してみるとお金持ち風の人は見当たらず
疑似恋愛のはずの女性にのめり込んでしまっている
普通のサラリーマンが多いように見えました。

僕の色眼鏡もかなりあると思いますが(笑)



その友人は
「話のネタにもなるじゃない^^」

と言ってくれたので、話のネタにはなりましたが
当分は行かないですね~。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

どの職場でも上司との相性が悪かった事がきっかけで インターネットを使ってほそぼそと起業。 コツコツやっていった結果インターネットだけで 月収100万円を超える事ができました。 その方法をわかりやすく解説しています。