与沢翼さんの「ブチ抜く力」が良かった!

高島です。


先日、与沢翼さんが一つの事に魂を売れ!「ブチ抜く力」
という本を出したので見てみました。


以前アフィリエイト業界を騒がせた与沢さんですが
与沢さんと言えば「ネオヒルズ族」などと言われて
あまり良いイメージを持っている人は少ないと思います。

僕も初めて見た時はそうでした。


かなり昔になりますが、与沢さんがまだ有名になる前
インフォトップの企画で小玉歩さんと与沢翼さんの対談動画がありました。


2人共かなり調子に乗っている感じのトークだったという事もあり
当時、小玉さんのAYUというハンドルネームについて僕は

「浜崎あゆみかよ(笑)」
と思っていましたし、与沢さんに至っては

「稼げててもこんな太ってたら嫌だな~」
と、かなり悪いイメージだったのを覚えています。
(嫉妬もあるかもしれませんが、当時の彼らに謙虚さはありませんでした)

それから数年して、この2人の知名度はさらに大きくなり
僕も彼らのブログなどを読むようになったのです。

その後、僕もアフィリエイトで稼げるようになり
インフォトップ大忘年会で見かけるようにもなりました。


2人とも人間性はともかくとして、勉強になる部分はたくさんあります。

小玉さんはマーケティングなどの知識がかなりありますし
与沢さんは考え方がぶっ飛んでいて好きです。

最近は2か月で22kgのダイエットにも成功しましたしね。


そんな彼の新刊はアマゾンでは品切れ

メルカリでは定価を大きく超える程の価格でも売れています…


という事で、僕はスグに読めるKindleで購入させてもらいました。


そこで僕なりに今回の新刊を読んで良かったと思う部分を
引用しながら紹介しようと思います。


多くの人は20歳から70歳まで、お金のためだけに嫌な仕事をして
人生の最も大切な時期を捨てています。
(中略)
やりたい事を徹底追求するのが、生きている意味ではないですか?

定年まで好きでもない仕事をする事が当たり前になっていますが
やりたい事ができるように副業なり起業なりをする方が
ストレスもなく、すべての人が望んでいる生き方かと思います。

僕もお金のためだけに嫌な仕事をするのが本当に嫌で
でも貧乏も嫌だったので、当時は副業として転売を始めました。

そのおかげで今はやりたい事を徹底追求できるようになったのは間違いありません。

会社員の方は、この本を読んだ全員が副業をすべきです。
会社で出世を目指すのは、リスクだけが残ります。
隠れてでもいい。いや、隠れてこそやるべき。
皆さんの人生を守るために、会社勤めをしつつも、余った時間で自分がオーナーである仕事を必ず持って下さい。

極端な意見に見えますが、僕もそれぐらい副業を推奨します。

もちろん「向き不向き」もあるとは思いますが
興味があるのにチャレンジしないのは後から後悔するからです。

学生時代に「告白しなかった後悔」のようなもので

「告白したけど、フラれた。」
は納得できますが
「告白したら付き合えたかもしれない…」
という後悔は引きずりたくないものです。

副業、ぜひチャレンジしましょう。


一つのセンターピンを設定したら、最低3週間は続けてみて下さい。
リーダーシップ論の世界的権威であるロビン・シャーマは、「人間は3週間、何かを続ける事ができれば、その行為は習慣となり、3週間後には無意識にその行為を続ける事ができる」と語っています。

「一生やる!」と思うと気が重いですが、3週間なら現実的ですよね。
しかもその後は無意識にできるようになるとわかっているのですから。


家族や親友、恋人といった身近な人からの意見に対しては、より注意が必要です。身近な人達は、あなたが失敗する事を心配し
できるだけリスクを最小限に抑えようと親身になっているからこその意見なのでありがたいものではあります。
でも、多くの場合は、最も無難でローリターンなアドバイスになりがちです。
ですから身近な人からのアドバイスで規格外の結果を出すのはほとんど無理です。

僕も起業しようと思った時、飲食で起業している先輩と
古着屋さんを始めた先輩に相談したのですが

「本当はやらないでしょ?」とか
「お前が起業しても失敗する。なぜなら…」

とお説教風に言われました。

起業していない人から言われたならともかく
起業している人ですら背中を押してくれないわけです。

相談はいらないと思います。
思い立ったら自分一人で突っ張りしましょう。

奥さんには結果が出てから報告する勢いでいて下さい。
もちろん、必ず結果を出すつもりでブチ抜いて下さいね。

会社の仕事しかしていない人は、起業もしくは副業を始めてみて下さい。
収入のパイプラインを本業以外に増やしてみる事で、会社への依存度はかなり下がるはず。
そこに至って、ようやくスタートラインに立てたと言えるでしょう。

飲食店でも
・店内飲食
・お持ち帰り
・ネット販売

など、複数の収入の流れを持っています。

僕も
・アフィリエイト
・コンテンツ販売
・リアル店舗へのアドバイス
(コンサルティング)
などの複数の収入の柱を持っています。

しかし、収入の流れが1つだけだと、そこが終われば全て終わりです。

個人であればヤフオクやメルカリで不用品が売れるスキルを持って
会社の依存度を下げる所からスタートするのが良いと思います。


私自身、人間にはあまり能力の差はないと思っています。
(中略)
「自分は頭が悪い」とか「才能がない」と言って悲観する必要はありません。
むしろ、それらの自己不信が自分の思考を停止させ、行動を萎縮させる元凶であるときちんと意識して欲しいと思います。

実は天才と凡人の脳は、ほとんど違いがありません。
ですが環境や習慣、出会う人の影響でその後の結果が大きく変わります。

いじめられっ子がプロボクサーになったなんて話もありますよね。
元のスペックよりも、努力の方が大切だと思います。

僕自身も地元で1番頭の悪い学校をギリギリ入学するおバカさんでしたが
努力を続けて、時間はかかりましたが稼げるようになりました。



できる全ての事をやるつもりでフルスイングで動く
失敗する事もあるけれど、本当に準備していれば、たいていは上手くいきます。

与沢さんらしいフルスイング理論ですね。

「副業だから…」という中途半端な姿勢ではなく
全力でやればたいていはうまくいきます。

僕もせどり時代に、同じ店舗でたまに見かける人がいましたが
「絶対にあいつには負けない!!」
という気持ちでやっていました。

もし中途半端な気持ちでやっていたらライバルに負けて挫折していたと思います。


生きている限り、必ずあなたにも 10 年後がやってくるのです。
であれば、その10年後を輝かせる事に意識をシフトすべきだと思います。

遅らせれば遅らせるほど結果は悪くなります。

人はなまけ癖がありますし、昨日と同じ自分でいるのはラクですからね。
でもそれだと必ず来る10年後の自分の収入は低いままです。

今スグやりましょう!


少しずつ瘦せてくると動く事自体が苦痛でなくなります。

ブログを初めたばかりの時は記事を書いてもアクセスは少ないので
モチベーションが下がります。

なので続けることだけに集中して、ある程度してからアクセスを見ると
努力と数字が比例するので面白くなってきます。

そうなってくると続けることが苦痛ではなくなってきますね。


誰よりも長く続ける事。それだけで、途中でやめた人より優位性が生まれる。

この短い一文だけでも、物事のほぼ全ての成功と失敗を表すことが出来ると思います。

月に1000万円稼ぐ事などはセンスが重要になってきますが
インターネットを使った仕事であれば
月50万円や100万円は続ければ誰でもできる範囲です。


人間というのは不思議なもので、多くの人は自分が「こうであって欲しい」と思うような情報ばかり見てしまいます。
リップルを買っている人は「リップルは今後、爆上げするに違いない」
「リップルは今後、基軸通貨になるに違いない」
などという、自分にとってポジティブな記事ばかり読んでしまうようなものです。
確かに、自分のセンターピンを脅かすような反論記事を読み続けるのはストレスかもしれませんが、あえてネガティブな情報を取り入れる事で、自分が考え忘れていた視点やすっかり抜け落ちていた知識や情報がインプットされるメリットもあります。

これは本当にそうですよね。

例えば僕は今プチ断食をやっています。

またの名を
・インターミッテッド・ファスティング
・リーンゲインズ

とも呼ばれていて、僕は実践しながら、かなり情報収集をしながら
同時に断食(ファスティング)についてのネガティブな情報も調べたのですが
結果的に断食は体に良いという情報が圧倒的に多く
科学的根拠もある事がわかりました。


僕の好きな映画で「交渉人」という映画があります。

交渉人(ケヴィン・スペーシー)が
別の交渉人(サミュエル・L・ジャクソン)を
交渉するという映画です。

その映画のシーンでこんなやりとりがありました。

ダニー(サミュエル・L・ジャクソン)「シェーン(映画のタイトル)は良かった」
クリス(ケヴィン・スペイシー)「あれは名作だ。でも私は主人公が最後に死なない映画の方がいい」
ダニー「死んでないぞ。最後の子役がシェーンに「シェーン!カムバック!と叫ぶんだ」
クリス「水をさすようだが、シェーンは死ぬんだ」
ダニー「お前はこの映画を見てないな!」
クリス「いや、みんなよく間違えるんだ。馬に乗ったシェーンは振り向かない。なぜなら死んでいたからだ」
ダニー「死ぬ姿は映ってない!」
クリス「僕はこの映画の本も見ている。1冊だけじゃない。何冊もの本からすべての事実を集め、自分で真実を判断する
ダニー「なるほど。君は頭がいいな…」

1つの情報元だけで判断せず、いろんな角度から情報収集をしたほうが
正解にたどり着けるという例ですね。

検索の簡単なインターネットですら
逆の意見を調べない人がほとんどなので
両方の情報を調べるのは情報発信者としてはオススメです。

僕が思うに、感情的に批判している側は間違っている事が多いと感じます。


以上、後半はやや本の内容から脱線気味でしたが
今回の与沢さんの本を読んだ中で
僕が読者さんにシェアしたいと思う内容でした。

「一つのことに魂を売れ!」

良い言葉ですね。

とても読みやすくて、モチベーションが上がる1冊なのでオススメです。
与沢さんの本にしては珍しく、レビューも好意的なものが多いですね。

一つの事に魂を売れ!「ブチ抜く力」



ポチッとクリックいただけると凄く嬉しいです^^





●追伸
僕は散歩が好きなので、いつも家の周りを散歩していたのですが
5分ほどロードバイクで移動した先にある大きな公園に行って
そこから散歩するスタイルに切り替えたのですが
こっちの方が断然リフレッシュできることがわかりました。
(ここに引っ越しして2年以上経っているのに)

ビルや建物が多く並んでいる場所よりは
やはり木があって、広々としている公園のほうが良いですね。

今までわざわざ公園に行くのが面倒だと思っていましたが
最近は暖かくなってきたということもあって全然苦ではありません。

新しい習慣ができてワクワクしています^^



●お知らせ
僕がアフィリエイトで1000万円を稼いだ方法は7種類あるのですが
それらは動画教材としてまとめて19,800円で販売しています。

ただし僕のメールマガジンに登録してくれた方には
無料でこの動画教材をプレゼントしていますので

興味がある人は
こちらから僕のメールマガジン紹介ページを見てみて下さい。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

どの職場でも上司との相性が悪かった事がきっかけで インターネットを使ってほそぼそと起業。 コツコツやっていった結果インターネットだけで 月収100万円を超える事ができました。 その方法をわかりやすく解説しています。